結婚相談所

結婚相談所の成婚までの流れを解説!結婚に向けた計画を立てて婚活を始めよう

結婚相談所の成婚までの流れを解説!結婚に向けた計画を立てて婚活を始めよう

「結婚相談所を使う流れがわからない…」
「そもそも結婚相談所はどんな所?」

確実に結婚をしたい男性におすすめなのが、本気の婚活をバックアップしてくれる結婚相談所。結婚相談所では、プロの婚活アドバイザーが親身になってサポートしてくれるので、最短距離で結婚までいけると人気です。

しかし、結婚相談所がどんな場所かわからず二の足を踏んでいる人もいるのではないでしょうか。

今回は、結婚相談所を利用する際の流れを、

に分けて説明していきますので、気になる箇所を選んで読んでくださいね。

結婚相談所のことを理解すれば、本格的な婚活に踏み切れるでしょう。

結婚相談所入会までの流れ

まずは、結婚相談所を探して入会をします。入会するまでの流れは次の4ステップ。

結婚相談所入会までの流れ4ステップ

  1. 情報収集をする
  2. 複数の結婚相談所を比較する
  3. 無料カウンセリングに行く
  4. 入会手続きをする

一口に結婚相談所といっても数えきれないほどの数があります。どの結婚相談所を見ても、「会員数が〇万人!」とか、「成婚の実績は〇組以上!」といった具体的な数字が出ています。

結婚相談所を決める時は、「ここが1番人気だから」と視野を狭めず、最低でも2社以上の企業に資料請求をしたり、無料カウンセリングへ行くようにしましょう。

どの結婚相談所を選んでも同じだと感じるかもしれません。しかし、アドバイザーのサポート内容や料金の仕組みなど、各社で様々なこだわりがあります。

信頼して婚活できる結婚相談所を見つけて入会することが、婚活の最初のステップなのです。

1.結婚相談所の情報収集をする

結婚相談所の情報収集をする

入会に先駆けて、まずは結婚相談所の情報収集をしましょう。

結婚相談所のことを知るには、下記のような方法を活用しましょう。

情報収集方法1.Webサイトを見る

まずは結婚相談所の候補をしぼりましょう。インターネットで「結婚相談所」と検索しただけで、たくさんのWebサイトが出てきます。

結婚相談所とは、時間とお金を使った深い付き合いになります。名前を聞いたことがあるところも初めて見るところも目を通して、自分に適した結婚相談所を見つけましょう。

  • 会員数や年齢層がどうなのか
  • 入会後どんな流れで進んでいくのか
  • 成婚までにどのくらいのお金がかかるのか

などを見比べて、婚活のパートナーになってもらいたいと思える結婚相談所をいくつか挙げてくださいね。

【参考】各結婚相談所の特徴を比較してみたいかたはこちら

https://konkatsu-univ.com/articles/9104

情報収集方法2.資料請求

ある程度の結婚相談所に目星をつけたら、資料請求してみましょう。

資料はネットでかんたんに無料で取り寄せられるので、気になった結婚相談所すべての資料をもらうようにしてください。パンフレットが手元にあれば、それぞれの違いを見比べやすくなりますよ。

ズバットという結婚相談所の資料を一括で取り寄せることができるサービスがあります。1つ1つの結婚相談所に資料請求をするのが面倒な方はコチラを利用してみると良いでしょう。

参考:ズバット公式サイト

情報収集方法3.電話問い合わせ

Webサイトや資料請求でもわからないところがある場合は、思い切って電話で問い合わせてみるのがおすすめ。

電話問い合わせは、結婚相談所の雰囲気を知るのに最適です。電話応対の仕方で、会員への接し方がある程度見えてきます。

  • 口調がていねいかどうか
  • 質問にわかりやすく答えてくれたかどうか

などをチェックして、判断材料の1つにしましょう。

情報収集方法4.口コミを調べる

実際に結婚相談所を利用した人の口コミが1番参考になります。

  • 「サポートが充実していた」
  • 「理想に合った女性を紹介してもらえた」

など、リアルな意見を知ることができるからです。しかし、利用した人の目を通した意見は、参考になると同時に偏ったものであるともいえます。

ある人が悪い口コミをしていたとしても、それがすべてではありません。あくまで参考として考え、信用しすぎないようにしてくださいね。

2.結婚相談所を比較する

結婚相談所を比較する

結婚相談所は、最終的に結婚を目的とした婚活サービスです。ゴール地点が一緒なので、Webサイトや資料を見ても「違いがよくわからない!」と悩んでしまいますよね。

ここでは、結婚相談所選びで必ず確認しておきたい点を紹介します。

1.結婚相談所の利用にかかる費用

結婚相談所の料金は固定費と変動費があります。固定費は、初期費用、登録料、成婚料など、結婚相談所を利用するために必ず支払う料金。変動費は、月会費、お見合いをセッティングしてもらう度にかかる費用など、出会いの回数によって変わる料金のこと。

結婚相談所では月額費用がかかるところが多く、登録期間が長くなると費用がかさんでしまいます。なかなか結婚できない…という状況に陥らないためにも、自分の中で「1年間のうちに結婚をしよう!」と具体的なプランを立てておくようにしましょう。

【参考】結婚相談所の料金比較

わかりづらい結婚相談所の料金体系を誰でもわかるように紹介!費用相場は?割引は?
わかりづらい結婚相談所の料金体系を誰でもわかるように紹介!費用相場は?割引は?

2.現実的に通える立地

あなたが通いやすいところに結婚相談所があるかどうかはとても重要です。住んでいるところからあまりにも離れているところや、営業時間内に行くのが難しいところは避けた方が無難。

結婚相談所は、1度訪ねて登録して終わり、というわけではありません。成婚に至るまでには、ある程度通わなければならないんです。立地や営業時間を確認して、負担にならないところにある結婚相談所を選ぶようにしてくださいね。

【参考】結婚相談所の大手と中小の違いを解説

結婚相談所は大手と中小でどちらがおすすめ?それぞれの特徴を比較検証
結婚相談所は大手と中小でどちらがおすすめ?それぞれの特徴を徹底比較!

3.成婚率や成婚までの期間などの実績

会員数はもちろん、成婚率や成婚までにかかる期間が具体的に書かれているかどうかは重要なチェックポイント。過去の実績を具体的に表示しているところは、サポートに自信をもっている結婚相談所である証拠だからです。

ただし、成婚に至るまでの日数は、人によって差があります。「絶対〇ヵ月以内に結婚できる」という保証ではないので、数字をうのみにしないように注意しましょう。

4.会員の年齢層

会員数の他に注目しておきたいのが、会員の年齢層。一口に「女性会員が多い」といっても、あなたの求める年代の女性がいるとは限りません。

事前に情報を確認して、あなたが出会いたいと思える年代の女性が多いところを選ぶようにしてくださいね。

3.無料カウンセリングに行く

無料カウンセリングに行く

登録前には、無料カウンセリングに行くことをおすすめします。実際にアドバイザーと話ができる貴重な機会だからです。

結婚相談所での婚活は、担当のアドバイザーによって左右されるといっても過言ではありません。いくら腕のいいアドバイザーであっても、あなたと相性がいいとは限らないんです。

無料カウンセリングでは、恋愛や婚活の悩みや、料金体系に関する不安など、気になることはどんどん聞いてOK

結婚相談所のアドバイザーは、婚活中のあなたのパートナーのような存在です。詳細を聞いた時、めんどうくさそうな顔をしたり、はぐらかすような回答をしてくるアドバイザーは信用できません。

気が合うかどうか、あなたの婚活に親身になってくれそうか、信頼を置けるかなど、会話の中から見抜くようにしてください。

そのほか、結婚相談所の無料カウンセリングでは次のような内容が確認できます。

無料カウンセリングで確認できること

  • 活動プランのシミュレーション
  • 利用料金の説明
  • 入会手続きの説明

4.結婚相談所を決めて入会手続きをする

結婚相談所を決めて入会手続きをする

結婚相談所を決めたら、登録の前に様々な書類を提出する必要があります。

入会時は下記の書類が必要です。スムーズに入会できるよう、手元に用意しておくと便利でしょう。

結婚相談所の入会に必要な書類

  • 身分証明書の写し
  • 独身証明書
  • 卒業証明書
  • 職業を証明する書類
  • 収入を証明するもの

また、入会手続きの当日は「自己プロフィールの作成」と「プロフィール写真の提出」を行います。

結婚相談所で有利になるようなプロフィールが作れるようになっておきましょう。不安な方は無料カウンセリングで相談しておくのもいいですよ。

【参考】婚活プロフィールのつくり方を解説

https://konkatsu-univ.com/articles/6615

結婚相談所入会から成婚までの流れ

無事に結婚相談所選びが終わり、入会がすんだら婚活を進めていきます。結婚相談所では、次のような流れで結婚相手の女性を探していきます。

1.婚活計画を立てる

婚活計画を立てる

アドバイザーと面会し、今後の流れを話し合います。いつまでに結婚をしたいのか、どんな女性と結婚したいのか、というあなたの希望に合わせてスケジュールを立ててくれます。

まずは、理想の女性像や結婚後の要望など、結婚相手に望むことを伝えましょう。あなたが結婚を現実的に考えていればいるほど、アドバイザーも具体的なイメージをつかみやすくなります。

2.相手を探す

相手を探す

結婚相談所のお相手探しは、仲人型とデータマッチング型で異なります。

仲人型は、昔からあるお見合いの形式のように、結婚相談所のアドバイザーがあなたと女性の間に立ってくれる方法です。実際に会員に会って話を聞いているアドバイザーが、あなたと相性のよさそうな女性を探し出してくれます。

一方でデータマッチング型は、自分の力で理想の女性を探す方法です。主にスマホを使い自分で会員を検索します。時間を気にせず、家にいながら女性を探すことができるので自分のペースで婚活を進めることができます。

ここで、あまりにも相手女性へ求める条件が厳しすぎると、全く出会うことができません。前もって絶対に譲れない条件と、絶対ではない条件を決めておきましょう。

【参考】仲人型とデータマッチング型の結婚相談所を比較!

結婚相談所の仲人型とデータマッチング型を徹底比較!あなたが選ぶべきはどっち?
結婚相談所の仲人型とデータマッチング型を徹底比較!あなたが選ぶべきはどっち?

3.お見合いをする

お見合いをする

お互いに「直接話してみたい」という気持ちが通じ合うと、実際に女性と会えるお見合いへと進みます。

  • 自分たちでデートプランを決めるパターン
  • 場所や日程をアドバイザーがセッティングするパターン

など、セッティング方法は結婚相談所によって異なっています。

結婚相談所にセッティングしてもらう場合は、お見合いにアドバイザーが同席してくれます。「初対面の人と話すのが苦手…」という男性でも安心ですね。

【参考】お見合いで肝心なのは第一印象!身だしなみを整えていこう

https://konkatsu-univ.com/articles/8136

【参考】婚活の会話テクニックを公開

婚活で使える会話ネタとタブーを紹介!女性との会話を盛り上げるコツをつかもう
婚活で使える会話ネタとタブーを紹介!女性との会話を盛り上げるコツをつかもう

4.仮交際をする

仮交際をする

お見合い後、「相手ともう少し仲良くなりたい」という場合は、仮交際が始まります。

交際という呼び方ではありますが、あくまで仮のもの。友達としてスタートラインに立ったような状態です。いきなり真剣交際がスタートするわけではないので、安心してじっくり相手を見定めましょう。

また、結婚相談所によっては「仮交際の人数は〇人まで」、と決めていないところがあります。複数人とやりとりをして、より理想に近い女性を選ぶことが可能です。

【参考】婚活相手への告白のコツ

https://konkatsu-univ.com/articles/28790

5.真剣交際をする

真剣交際をする

お互いに「お付き合いしたい」という気持ちが固まったら、結婚を前提とした真剣交際のスタートです。

真剣交際中も、アドバイザーが相談に乗ってくれるのが心強い点。

  • 「彼女との話を盛り上げるためにはどうしたらいい?」
  • 「どのタイミングでプロポーズしたらいい?」

という不安をアドバイザーが解決してくれるので、安心して仲を深めることができます。

6.プロポーズ&親への挨拶

プロポーズ&親への挨拶

結婚の意思が固まったら、プロポーズや両親への挨拶に進みます。

プロポーズをサポートするプランを提案してくれる結婚相談所があるので、事前に話を聞いておくといいでしょう。

そして、相手の女性がプロポーズを承諾すれば、最後に両親への挨拶を行います。とても緊張する瞬間ですが、あなたの誠実さが伝わるように頑張りましょう。

【参考】親への挨拶前に読んでおこう!

https://konkatsu-univ.com/articles/17432

7.成婚退会

成婚退会

晴れて結婚が決まったら、成婚退会。この時に成婚料が発生します。成婚という意味は、結婚相談所によって異なります。

  • プロポーズをして結婚を約束すること
  • 交際中の2人が結婚の意思を固めて婚活を終了すること

など、それぞれの結婚相談所でルールがあるので、入会時に確認しておきましょう。

また、結婚相談所によっては、退会後も一定期間は相談に乗ってくれるところがあります。今までお世話になったアドバイザーが一緒なら、安心して新生活を始められそうですよね。

結婚相談所で注意する4つのポイント

結婚相談所では、一般的な恋愛と違って様々な注意事項が存在します。ここでは、その一例を紹介していきますね。

1.婚活期間が決まっている

1.婚活期間が決まっている

婚活の期間があらかじめ決められている結婚相談所があります。

Q7.会員期間はどれくらいですか。

A.会員期間は1年6ヵ月間です。成婚されるお客さまの63.8%が活動開始から1年以内の成婚です。

引用:パートナーエージェント

たとえば、結婚相談所の大手であるパートナーエージェントの会員期間は1年6ヵ月間です。

「もっといい人が現れるかもしれない」と婚活を長引かせたり、仮交際ばかりで進展がなければ、成婚できずに退会することになります。

婚活期間中に相手を見つけられるよう、計画的に怠けず婚活を進める必要があるので気を付けましょう。

2.連絡先交換にルールがある

連絡先交換にルールがある

結婚相談所では、真剣交際を望む人が婚活しやすいように、連絡先の交換にも厳しいルールをもっていることが少なくありません。

◆連絡先交換について

お見合い時の当人同士での連絡先交換(名刺交換を含む)は禁止です。

引用:日本結婚相談所連盟

日本結婚相談所連盟が定めるルールでは、たとえお見合いをした相手だとしても、当人同士が直接連絡先を交換してはいけないと定められています。

直接連絡先を交換すると、結婚相談所を介さずにやり取りができてしまうため危険だから。結婚相談所へお断りの連絡を入れた後、直接不満を言われたり、つきまとわれたりしてしまう可能性があります。

トラブルに巻き込まれないためにも、連絡先の交換について事前に確認しておきましょう。

3.成婚前の宿泊や性行為は禁止

成婚前の宿泊や性行為は禁止

結婚相談所を通して出会った女性を、気軽にホテルに誘ったり、一泊旅行の提案をしてはいけません。2人の関係にも厳しいルールがあります。

◆交際期間中の注意事項

ルール上、結婚、婚約又はそれらと同等の成果(「結婚の口約束」「宿泊」「宿泊を伴う旅行」「婚前交渉」「同棲」「交際期間を延長し通算6ヵ月を経過した場合(交際期間は原則3ヵ月)」など)は「成婚」とみなします。トラブルを避けるため、交際期間中の旅行や婚前交渉は禁止です。 なお、お二人で外泊や旅行へ行かれた場合、又は、婚前交渉の事実が明白になった際には、成婚のご意思の有無に関わらず、成婚とみなし、成婚退会手続きを行っていただきます。 金銭の授受・貸借もトラブルのもとですので禁止です。

引用:日本結婚相談所連盟

成婚前に男女の仲になることを結婚相談所では固く禁止しています。関係を進展させるには、2人で成婚の手続きをする必要があるんです。

「結婚」というゴールを定めている結婚相談所ならではのルールで、少し堅苦しく感じてしまいますよね。しかしこれは、「2人の出会いが遊び半分のものではない」という証明になります。

「お酒を飲み過ぎて、つい」とか、「気分が盛り上がって」という軽率な行動に出てしまわないよう、真剣交際中は自分で自分の手綱を引くことが大です。

4.直接交際を断ってはいけない

直接交際を断ってはいけない

仮交際、真剣交際を断る時、相手へ直接伝えないようにする必要があります。

◆交際のお断りについて

交際を終了する場合、お断りのお返事は当社を通じて行います。お相手に直接「NO」の意向を示すことは避け、担当カウンセラーまでご連絡下さい。交際終了後は、お相手の連絡先などは速やかに登録を削除して下さい。交際が終了したお相手に直接連絡をとることなどは厳禁です。迷惑行為とみなされますのでお気をつけ下さい。

引用:日本結婚相談所連盟

あなたが交際を終了したくても、相手は継続を希望している場合があります。結婚相談所では、出会いに料金がかかるため、直接交際を断ると「金を使わせておいて」と逆恨みされたり、ストーカー被害にあってしまうかもしれません。

そうしたトラブルを防ぐために交際を断る際は結婚相談所を介する必要があります。交際を断った方も、断られた方も、潔く連絡先を消去して次の恋を探しに行きましょう。

まとめ:結婚相談所の流れを把握して婚活を成功させよう

高い費用がかかるというイメージがある結婚相談所。でも、結婚相手を見つけるには便利なサービスです。

結婚相談所を有効活用するのに重要なのは、やはり自分に合ったところを見極めること。

アドバイザーという心強い味方を得て、結婚相談所での婚活を成功させてくださいね!絶対に結婚するぞ!という強い意志があれば、結婚相談所で理想の女性と必ず出会えますよ。

参考リンク:

結婚相談所を使ってみようかなと気になっている方には下記の記事がおすすめ。結婚相談所選びに役に立つ内容になっていますよ。

https://konkatsu-univ.com/articles/9104