婚活・恋愛の教科書

初デートにピッタリのコーディネートを季節別に紹介!キレイめカジュアルなコーディネートがおすすめ

初デートの服装はキレイめカジュアルがおすすめ!ダサイと思われない6つのポイントを伝授

すぐに初デートにおすすめの服装が見たい方はこちら
【季節別】初デートにおすすめの服装

「来週は初デート!でも、何を着ていけばいいんだろう?」
「初デートでおすすめの服装が知りたい!」

会社帰りのデートなら、着慣れたスーツで問題ありませんが、休日デートとなるとファッションセンスを問われることになります。

初デートの服装で失敗しないためには自分の個性をだすよりも、無難なキレイめカジュアルがおすすめです

今回は、初デートにおすすめのコーディネートと着こなし方を季節別に紹介!また、これは絶対にダメというNGアイテムを紹介します!

初デートで服装がダサイと思われないための6つのポイント

センスに自信がない男性でも、以下の6つのポイントに気を付けると「ダサイ」感じを払拭することができます。服装選びの参考にしてみてください。

①清潔感

①清潔感

何より重要なのは清潔感。服装に限らず、髪型や髭、靴など全てにおいて「清潔感」を意識しましょう。

逆を言えば、毛玉だらけのニットやスウェット、袖や襟が伸びたTシャツ、首回りが皮脂で汚れた白シャツ、膝の色が抜けたパンツなどは不潔な印象を与えてしまうので注意しましょう。

【参考】清潔感の出し方とは?

https://konkatsu-univ.com/articles/19615

②さり気ないトレンド

②さり気ないトレンド

ダサイと思われないためには、トレンドも意識してみましょう。

たとえば、ブーツカットのジーンズやダボダボのカーゴパンツは一昔前に流行ったアイテム。これを初デートに履いていくとかなりの確率で「ダサッ」と思われてしまいます。

パンツであれば、スキニーやくるぶし丈のチノパンなどタイトでコンパクトなシルエットが主流。トレンドを掴むためには、ショップの店員さんやマネキンが着てる服などを参考にするのがおすすめです。

③体に合ったサイズ感

③体に合ったサイズ感

同じ服装をしても、おしゃれに見える場合とそうでない場合があります。その差はサイズ感。自分の体に合ったサイズの服を着ると、服のシルエットがきれいにでてスタイルも良く見えます

サイズが大きすぎるとシルエットがダボついてしまいだらしない印象に。また太ってみえるというデメリットもあります。

【参考】服をカッコよく着こなすために体を引き締めよう

https://konkatsu-univ.com/articles/2939

④シチュエーションに合った服装

④シチュエーションに合った服装

デートのシチュエーションはさまざまですが、キレイめカジュアルの服装であれば、ほぼ対応できます。

Tシャツにジーンズなどラフすぎる服装では、デートコースに制限ができてしまうので注意しましょう。

⑤シンプルカラー

⑤シンプルカラー

初デートでは、個性的な色使いの服装は避けた方が無難です。鮮やかなビビットカラーなどを着こなすのは、ファッション上級者でなければ難易度高め。

初デートでは自分の個性を主張するよりも、シンプルなブラックやネイビー、グレーやホワイトなどで落ち着いた大人の雰囲気をだすのがおすすめです

⑥アクセサリーは控えめに

⑥アクセサリーは控えめに

男性の場合、意外と難しいのがアクセサリーです。特にアクセサリーを付け慣れていない人は、アクセサリーの付けすぎに注意しましょう。

付ける場合は服装の雰囲気に合っているものを一つで十分。女性の中には、「男性にアクセサリーは必要ない」と考える人もいるので、さりげなく身につけましょう。

【季節別】初デートにおすすめの服装

今回紹介する初デートにおすすめの服装は、ダサいと思われないための6つのポイントを満たしたものばかりになっています。

季節ごとにおすすめコーディネートを紹介するので、あなたの好みに合った服装を選んでくださいね。

【春】初デートにおすすめの服装3選

【春】初デートにおすすめの服装3選

過ごしやすい気候の春は、お洒落の選択肢がたくさんあるのが特徴です。しかし、初デートでは、やりすぎると印象が悪くなってしまうので、「ちょっと控えめかな…」くらいに仕上げておくと失敗を防げるでしょう。

春の初デートの服装で大切なのは、春らしい軽さを感じさせながら、落ち着き感もある組み合わせにすること。トータルで見た時にバランス良く感じられるように仕上げるのがコツです。

春のおすすめ① :ストラップシャツで爽やかな印象に!

春のおすすめ① :ストラップシャツで爽やかな印象に!画像引用:Pinterest

コーディネートアイテム

  1. グレーハイゲージニット
  2. ストライプシャツ
  3. チャコールグレーパンツ
  4. ダークカラースリッポン

ストライプシャツにはたくさんの種類がありますが、誰でも似合うのは薄めカラーの細ストライプです。

縞模様が主張され過ぎると個性が強くなるので、初デートの場合にはホワイト地にパルテルブルー、ダスティピンク、ライラック色(薄紫)など淡いカラーのストライプにしましょう。

また、春コーディネートの鍵になるのは素材感です。ストライプシャツの中でも薄地でサラッとした感じの生地にすると、「センスの良い爽やかな男の人!」と思ってもらえます。

ストライプシャツに合わせるのは、上品なハイゲージニットがベスト!カラーは明るめのグレーなら何色のシャツとでも相性が良いですよ。

上半身は爽快感あふれるコーディネートなので、チャコールグレーのパンツとダークカラーシューズで下半身は落ち着き感を取り入れてください。春らしい雰囲気をアップさせられるよう、できれば足首の素肌を見せるのがおすすめです。

春のおすすめ②白Tシャツ×ジャケットの定番コーディネート

春のおすすめ②白Tシャツ×ジャケットの定番コーディネート画像引用:Pinterest

コーディネートアイテム

  1. 長袖白Tシャツ
  2. ネイビージャケット
  3. チノパン
  4. ブラウンレースアップシューズ

お洒落に自信のない方は、定番アイテムを組み合わせた春コーディネートがおすすめ。初デートの服装で女性に嫌われてしまうと、どれだけ中身の素晴らしい男性でも二回目のデートは断られてしまいます

でも、初デートで良い印象を持ってもらえれば、ファッションセンスはイマイチでも中身で勝負できます。大事な初デートに失敗してしまわないよう、鉄板アイテムを押さえておきましょう。

長袖白Tシャツはどんな男性でも家にひとつくらいあると思いますが、デート用に新しく上質の長袖白Tシャツを購入してください。

セレクトショップなどにある「ただのTシャツになのに高い!」と思えるような商品は一見普通に見えても、着用した時のラインの美しさは格別です。それに、何度洗濯をしてもヘタりにくく、今後のデートでも活躍する一品になるはず。

ジャケットは体型にぴったりの商品を選び出すために、必ず試着してから購入してください。カラーは、誰にでも似合う万能カラーである暗めのダークネイビーにしましょう。そして、パンツは足のラインに沿ったキレイ目のチノパン!

このコーディネートの大事なポイントは靴です。チノパンのカラーと相性の良いブラウンのレースアップシューズを組み合わせることで、配色バランスが良くなり全身の雰囲気が完璧にひとつにまとまります。

春のおすすめ③:ボーダーシャツでこなれ感を出そう

春のおすすめ③:ボーダーシャツでこなれ感を出そう画像引用:Pinterest

コーディネートアイテム

  1. ボーダーTシャツ
  2. ノーカラージャケット
  3. スモーキーライトグレーパンツ
  4. 白キャンバスシューズ

軽やかな春の男を演じたい男性は、ボーダーアイテムを取り入れた服装にチャレンジしてみてください。アウトドア系の初デートの場合には固すぎる服装だと動きにくいので、歩きやすいキャンバスシューズが便利です。

明るい色味のキャンバスシューズを履けば春っぽさを出せますが、白い靴は汚れが目立つというデメリットがあります。初デートを台無しにしてしまわないよう。着用前に靴の汚れをチェックしておきましょう。

ボーダーTシャツは全てがボーダーになっているものではなく、参考例のようにTシャツの中心部だけがボーダーになっており、上下に真っ白な部分が残っているタイプがおすすめ。ボーダーの面積が少ないことで、子供っぽさを押さえ品の良い雰囲気を出せます。

そして、カジュアルな印象のボーダーTシャツとの相性が最高なのが、ノーカラージャケットです。襟元が普通のジャケットと違うだけで、こなれ感が出て女子の心を引き付ける魅力がアップします。

パンツはひと癖あるスモーキーカラーがぴったり。上下のつなぎ役になるベルトが重要ポイントになるので、ダークカラーベルトを使ってコーディネートを引き締めましょう。

ボーダーアイテムを使う時の注意点は使用するカラーの数を抑えること!ボーダーという柄アイテムが入ってごちゃついた印象を与えないよう、白・ダークネイビー or ブラック・スモーキーグレーの3色でまとめるようにしてください。

【夏】初デートにおすすめの服装3選

【夏】初デートにおすすめの服装3選

夏の始まりの時期ならまだしも、盛夏になると暑さで屋外デートには不向きな天候が続きます。そのため、夏は屋外と室内の温度差を考えたコーディネートにするのがおすすめ

夏は「暑いから…」という理由で、ファッションに手抜きしがちな季節ですよね。でも、どれだけ暑くても、女子にとって初デートは特別。彼女をがっかりさせないような服装で初デートにのぞみましょう。

夏のおすすめ①:白シャツ×グレーパンツのシンプルコーデ

夏のおすすめ①:白シャツ×グレーパンツのシンプルコーデ画像引用:Pinterest

コーディネートアイテム

  1. 白シャツ(厚地)
  2. ダークグレー9分丈パンツ
  3. 艶なしベージュレースアップシューズ

夏の初デートのお助けアイテムは厚手の白シャツです。暑い夏は四季の中で最もデートファッションの難易度が高い季節。涼しさ重視のだらしない服装で初デートにのぞむと、高確率で女子から嫌われてしまいます

だけど、男の良さを強調できる白シャツを使えば、夏の初デートを成功させられます。白シャツはひと夏使用するだけで黄ばみが出てしまうので、初デートの前に新しい白シャツを購入するのがおすすめ。

去年以前の白シャツを着用する時には、漂白剤に漬けてまぶしい白さを取り戻しておきましょう。また、夏は汗をかいて体にシャツが張り付いてしまうとイメージダウンにつながるので、必ず厚地のシャツを選んでください

それに、タックインしないでも見栄えの良いシャツを選ぶのがコツ。シャツの裾のラインにこだわった一品が良いですよ。

白シャツに合わせるボトムは、ちょっとゆるっとしたダークグレー9分丈パンツ。色はダークグレー以外にも潔くブラックでもOK。夏の服装は素肌を程よく見せるとバランスが良くなるので、丈が長すぎないパンツを選んでくださいね。

このコーディネートは白シャツのホワイト面積が広いため、靴は真っ白ではないものを合わせたほうがまとまりが良くなります。ベージュの靴がない場合には、ダークカラーシューズを合わせましょう。

夏のおすすめ②:濃淡ネイビーがオシャレ感を演出!

夏のおすすめ②:濃淡ネイビーがオシャレ感を演出!画像引用:Pinterest

コーディネートアイテム

  1. 濃紺Tシャツ
  2. ネイビーニットジャケット
  3. グレーパンツ
  4. ホワイトローファー

夏の初デートでは、冷房の効いた空間にいる時用に上着着用時のことまで考えておくことが大切です。センスの良い印象を与えられる服装は、色味の違うネイビーのグラデーションコーディネート

上半身に濃紺Tシャツとネイビーニットジャケットを合わせますが、ネイビー同士を合わせる時には色が違い過ぎるよりも、「よく見ると違う色?」という似た者カラーを合わせたほうがお洒落に見えますよ。

ネイビーでまとめた上半身に合わせたいカラーは、僅かにグリーンを帯びたグレー。オリーブグレー、グリーンヘイズと言われるような微妙な色味のボトムスがぴったりです。

このコーディネートは白っぽいグレーだと雰囲気が壊れてしまうので、ちょうど良い商品がない場合には暗めのグレーを合わせるようにしてください。

そして、アクセントになるのが、真っ白のローファー!足元で爽やかさを出すという上級テクが光るコーディネートです。この服装の素晴らしいところは、ジャケット着用時もジャケットを着ていない時にも、見栄えが良いことです。

屋外でも室内でも彼女に一番良い自分をアピールしたい!と思う男性は、ネイビーのダブル使いをマスターしてくださいね。

夏のおすすめ③:ブランドポロシャツならオシャレ苦手でもイイ男に!

夏のおすすめ③:ブランドポロシャツならオシャレ苦手でもイイ男に!画像引用:Pinterest

コーディネートアイテム

  1. 白ポロシャツ
  2. ベージュ系パンツ
  3. ホワイトメッシュベルト
  4. ホワイトスニーカー

「夏は暑いからおしゃれは無理!」という男性は、白ポロシャツで初デートを乗り切りましょう。

ポロシャツはブランドごとにシルエットが違い、肩幅や袖の長さに特徴があります。サイズを合わせるだけでなく自分の体に合ったブランドの商品を選べば、体型カバーにもなりますよ。

真っ白なポロシャツに最適なのは、定番のベージュ系パンツ!夏は暑いのでダボダボのパンツを履きたくなるかもしれませんが、初デートの服装では細身パンツのほうが安全です。そこに、ホワイトスニーカーを合わせれば、夏の上品な男が完成します。

ポロシャツ&キレイ目パンツコーデの仕上げには、メッシュベルトを合わせるのを忘れずに!リラックス感のあるメッシュベルトを使うことで、ただのポロシャツ&パンツコーデにリッチ感を出すことができ、イイ男度がアップします。

メッシュベルトは白ポロシャツとベージュ系パンツの中間色を使うとばっちり決まるので、ベルト選びでは色や素材も厳選しましょう。

この初デートコーディネートは、白と茶系ベージュのみの服装でぼやけた印象になってしまうのが問題。だから、小物で黒を取り入れてください。参考例のように、大きめの黒バッグを合わせるのがベストです。

【秋】初デートにおすすめの服装3選

【秋】初デートにおすすめの服装3選

秋は気温差の大きな季節。夏の暑さが残る時期と冬の肌寒さを感じる時期では、初デートに適切な服装が変わってきます。

でも、お洒落は先取りが基本なので、秋になったら積極的に秋っぽいアイテムを取り入れてみてください。オシャレしやすい秋は、初デートの服装にもひと工夫することが大切です。

秋のおすすめ①:秋の王道コーデはニット×柄シャツ

秋のおすすめ①:秋の王道コーデはニット×柄シャツ画像引用:Pinterest

コーディネートアイテム

  1. アクセント入りシャツ
  2. ケーブル編みネイビーニット
  3. カーキ色パンツ

オーソドックスでありながら女子から根強い人気のあるコーディネートは、部分柄シャツ&ニット。袖口や襟元にアクセントの入ったシャツを選べば、簡単にチラ見せお洒落が楽しめます。

さらに、平凡なニットではなく部分的にケーブル編みが入っている商品を選べば、温かで優しい男を演出できますよ。ケーブル編みニットを使う場合には、色はベーシックなネイビーがおすすめ。

ネイビーのローゲージニットは男性なら誰でも似合うおすすめアイテムですが、サイズが大き過ぎるとだらしない印象を与えてしまうので、体型に合ったジャストサイズを見極めることが大切です。

合わせるボトムスは秋の定番カラー、カーキ色。濃いめのカーキを合わせて秋のしっとり感を出しましょう。ラストアイテムの靴選びは、ブラック一択です。このコーディネートには黒靴以外は考えられないので、シンプルなブラック系シューズを合わせてくださいね。

秋のおすすめ②:お洒落上級者はニットジャケットを着こなそう

秋のおすすめ②:お洒落上級者はニットジャケットを着こなそう画像引用:Pinterest

コーディネートアイテム

  1. ブラウン系ざっくり編みニットジャケット
  2. グレータートルニット
  3. 濃グレーウール混パンツ
  4. 真っ白キャンバススニーカー

人とは差をつけたいお洒落系男子にチャレンジしてほしいのが、ブラウン系ざっくり編みニットジャケットです。秋らしさ抜群のアイテムですし、網目やデザインにこだわれば深みのある男を演出できます

この服装をする場合には、先にジャケットを購入し、ジャケットの雰囲気に合わせて組み合わせアイテムを揃えていく方法がおすすめです。個性的なジャケットなので、合わせるものはシンプルベーシックが基本。

ブラウンと相性の良いグレータートルでジャケットの良さを最大限に活かし、さらに秋っぽさ満点のウール混パンツの組み合わせで、特別感のある男の出来上がりです。

極めつけは真っ白のキャンバススニーカー!重くなり過ぎないよう足元で調整して、完成度を高めましょう。

アイテム選びを失敗すると大きく雰囲気が変わってしまうコーディネートですが、成功すれば「こんな彼氏を連れて歩きたい!」と彼女を大喜びさせられる組み合わせです。

「自分はお洒落に興味がないけど、彼女はファッションにこだわりがあるみたい…」というケースでは、無難路線よりもこのコーデのようにポイントになるアイテムを中心にしたファッションのほうが好印象を持ってもらえますよ。

秋のおすすめ③:大人なびたワインレッドで色気ある雰囲気に!

秋のおすすめ③:大人なびたワインレッドで色気ある雰囲気に!画像引用:Pinterest

コーディネートアイテム

  1. 白シャツ
  2. ワインレッドニット
  3. チャコールグレージャケット
  4. グレーツイードパンツ
  5. ブラウンスエードブーツ

おとなしいタイプの男性が活発さをプラスしたい場合には、オータムカラーを使いましょう。秋らしいワインレッドを使った服装は、草食系男子に最適。顔色を良く見せてくれるだけでなく、穏やかな雰囲気を醸し出せます

ただし、色を使ったおしゃれを初デートに取り入れる場合には、面積が大きくなり過ぎないよう注意して!ワインレッドニットを着用する際には、暗めカラーのジャケットを羽織るようにしてカラー配分の調整を行ってください。

また、秋色ニットを使う時には、白シャツの襟をニットから出しておくのがおすすめ。ニットのみの着用だと、休日のお父さん感が出てしまうことがあるので、きちんとした印象を出すために白シャツを使いましょう。

それに、襟元とジャケットの袖口に白がチラリと見えるだけで、コーディネートがピリリと引き締まります。シャツの白が重要ポイントなので、真っ白でシワのない白シャツを用意しておいてくださいね。

下半身はグレーツイードとブラウンのスエードブーツで、さらに秋らしさを強調。全身のトータルバランスの良さが魅力のコーディネートです。

【冬】初デートにおすすめの服装3選

【冬】初デートにおすすめの服装3選

冬は様々なアイテムを組み合わせて使うことができる季節ではありますが、欲張り過ぎるとごちゃごちゃした仕上がりになって女性からの評価が下がってしまいます。

だから、冬は引き算のお洒落をすることが大事。しつこくならないよう調整しながら全体のバランスを整えれば、初デートで彼女に好まれるような服装ができるでしょう。

冬のおすすめ①:模様入りニットならシンプルカラーでもオシャレに!

冬のおすすめ①:模様入りニットならシンプルカラーでもオシャレに!画像引用:Pinterest

コーディネートアイテム

  1. グレー模様入りニット
  2. 薄グレーウールジャケット
  3. ブラックパンツ
  4. 白ソックス
  5. ブラックローファー

温かみがありながらもハイセンスな雰囲気を出せる服装が、模様入りニットを使う方法です。模様入りの服は使いこなすことが難しいというデメリットがありますが、細かな繰り返し模様になっているニットを使えば、簡単にセンスアップが狙えます。

また、冬のニット使いで模様を取り入れた場合には、ベーシックカラーにして奇抜になり過ぎないよう注意する必要があります。柄も色も派手…となると確実に失敗してしまうので、さりげない模様入りか、珍しいカラー使いのどちらかだけにしておきましょう。

その点、万能カラーのグレーは優秀です。模様入りを選んでも、自然に馴染むので程良いこなれ感を出せます

グレーニットに合わせるのは同系色のグレージャケット。グレー×グレーを成功させる秘訣は、高品質のアイテムにすることです。

グレー系の商品は数多く販売されていますが、冬は質感が問われる季節なので、頑張って質の良いグレーニットとグレージャケットを用意して初デートに備えてください。

万能カラーのグレーなら単品使いもできるので、品質の良い一着があると着回しできて便利ですよ。

ぼんやりした印象の上半身の引き締め役は、ブラックパンツとブラックローファー!下半身を黒でひとまとめにすることで、グレー×グレーでも野暮ったく見えません。

また、黒づくしの下半身の中にソックスの白をチラ見せすれば、おしゃれ上級者らしさを出せます

冬のおすすめ②:ダウンジャケットは清潔感を意識して着こなそう

冬のおすすめ②:ダウンジャケットは清潔感を意識して着こなそう画像引用:Pinterest

コーディネートアイテム

  1. 黒ダウンジャケット
  2. キャメル色ニット
  3. 白シャツ
  4. グレー系パンツ
  5. 白ソックス
  6. 黒シューズ

冬のお洒落の難しさは、あったか系アイテムを多用し過ぎると野暮ったくなってしまうところ。かといって、さっぱりしすぎていても冬らしいおしゃれ感を出せません

冬にもこもこ系の服を着るとおじいちゃんっぽくなってしまう男性におすすめなのが、白シャツとキャラメル色ニットの組み合わせ。このコーディネートが似合わない男性はまずいません。

パンツもグレー系でぴったりしたシルエットのものにしておけば、誰でも女子から好かれる男になれます。これといった個性は感じられませんが、初デートで女性が重要視するのは個性ではなく清潔感なので、このコーディネートなら十分に合格点をもらえるはずです。

さらに、合わせる上着は無難な黒ダウンで大丈夫なのも良いところ。でも、毛玉のついたニット、形の崩れたパンツ、ヘタってきているダウンなどはマイナスイメージを与えてしまいます。

アイテムが平凡な場合には、特に服のアラが目立つのでお手入れは十分に行っておきましょう。また、古くなっている場合にはデート前に新調しておいたほうが良いですよ。

冬のおすすめ③:さりげないトリコロールカラーが可愛らしい

画像引用:Pinterest

コーディネートアイテム

  1. ショールカラーニットジャケット
  2. トリコロールカラーネルチェックシャツ
  3. ネイビー起毛素材パンツ
  4. レンガ色スエードショートブーツ

初デートで女子の心を虜にしたい男性におすすめの服装が、ショールカラーニットとネルシャツを組み合わせた男の可愛さをアピールできる服装です。

男性の首元に色気を感じる女子は多いものですが、ショールカラージャケットは思わず首元に目を向けてしまうコーディネート。さらに、チラリと除くトリコロールカラーのチェックシャツの可愛さで、女子のドキドキは止まりません。

しかし、この服装は着る人を選ぶ上級者コーディネートです。スタイルがある程度良く、普段からファッションに興味のあるタイプの男性は向いていますが、全く服装にこだわりのない男性は危険なのでやめておきましょう

ボトムスに合わせるのは、起毛素材パンツとレンガ色のスエードショートブーツ。どちらも冬の定番アイテムでありながら、男ならではのキュートさを強調できるのがメリット。アクセサリーを合わせる場合には、少しごつめの腕時計にすると最高です。

上から下まで女子ウケの良いアイテムの組み合わせ。このコーディネートを着こなせたら、間違いなく初デートを成功させることができるでしょう。

【参考】初デートでは髪型にもこだわろう!

https://konkatsu-univ.com/articles/13063

コーディネートが苦手な人はワンブランドで揃える

「トップスやボトムスのコーディネートが苦手で組み合わせ方が全然わからない」という方は、ワンブランドでトータルコーディネートするのがおすすめです。

ワンブランドで揃えるメリットは、全身に統一感がでること。ショップでマネキンが着てるファッションをそのまま真似しても、彼女に気づかれることはほぼありません。

ユニクロ

ユニクロ画像引用:UNIQLO

ユニクロファッションは、シンプルなので全身ユニクロで揃えても、「キメ過ぎ」な感じにならないのも嬉しいですね。

ダサいと思われたくないけど、服装にこだわり過ぎるのもイヤだ」という男性にもおすすめです。全身コーディネートしても1万円前後で購入できるのも嬉しいポイントです。

G.U(ジーユー)

G.U(ジーユー)画像引用:GU

ユニクロよりもトレンドを意識したデザインが多いのはG.U。また、ユニクロよりも低価格というメリットもあります。

今月は予算ピンチだけど、おしゃれな服を買いたい!」という時にはG.Uでトータルコーディネートするのもおすすめです。トップスやボトムスにシューズを合わせて購入しても1万円前後で済ませることもできますよ。

MICHEL KLEIN homme(ミッシェルクラン オム)

MICHEL KLEIN homme(ミッシェルクラン オム)画像引用:イトキン オンラインストア

彼女がおしゃれだから、自分もおしゃれにキメたい」という方におすすめなのが、MICHEL KLEIN homme(ミッシェルクラン オム)。デザインがオシャレなだけではなく、上質な生地を使い、縫製もしっかりしているので、着ているだけで上品な雰囲気に。

クオリティが高いので、価格もそれなりにしますが、ここぞという時や絶対にキメたい時のデートファッションにいかがでしょうか。

初デートで着てはいけない服装3選

初デートで絶対にしてはダメなNGファッションを紹介します。「普段の自分の姿を受け入れてもらいたい」と思うかもしれませんが、それはもっと後の話です。

初デートから次のデートにつなげるためには、万人受けする無難な服装がおすすめです。

1.休日デートにスーツ

休日デートにスーツ

初めての休日デートの時は、「どんな服装で来るのかな~」と彼女も楽しみにしているはず。ビジネススーツで登場しては、彼女をがっかりさせてしまうことになります。逆に彼女がデートにスーツ姿で登場してもがっかりしますよね。それと同じです。

また、おしゃれのつもりで気合いをいれたセットアップスーツを着るのもNGです。なぜなら、彼女の服装とバランスが取れないからです。

2.街デートにスウェットやジャージ

街デートにスウェットやジャージ

大人の初デートに、ジャージやスウェットなどのリラックスウェアはあり得ません。

よほどおしゃれに自信があり、考えたうえでのジャージスタイルであったとしても、初デートでジャージはやめましょう。

3.夏でもタンクトップはNG

夏でもタンクトップはNG

メンズファッションの中でも、女子ウケが悪いのが男性のタンクトップ姿。しかも、脇毛がはみ出ていては最悪です。「絶対一緒に歩きたくない」と思われてしまいます。

初デートに限らず、夏でもタンクトップ1枚でデートに行くのは禁止です。

まとめ:初デートの服装はキレイめカジュアル

初デートの服装で大切なのは、清潔感があり大人っぽい雰囲気のファッション。具体的には、シンプルなシルエットとネイビーやホワイトなどの定番カラーがおすすめです。オシャレ上級者さんは香水をつけてみてもいいですね。

今回は服装を中心に紹介しましたが、初デートで気を付けるべき身だしなみは他にもあります。初デート当日に肌荒れしないように、生活習慣を整え、日ごろからスキンケアを心がけましょう。

また、当日は鼻毛のケア臭いケアも欠かさずに。ニオイ対策に、シャンプーボディソープにこだわっておくのも手ですね。

トータルでかっこいい男を目指し、初デートを成功させましょう!

参考リンク:

初デートの約束は決まったけど、どうやってデートを成功させればいいのかわからない・・・。という方はこちらの記事を参考にしてみてください。

女の子と付き合う前のデートを成功させる秘訣はもちろんのこと、普段の連絡やデートの誘い方のコツまで、女の子を落とすノウハウを詳しく解説しています。

https://konkatsu-univ.com/articles/12591